忍者ブログ
ゲーム情報
2017/11/22 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008/02/05 (Tue)
マーベラスエンターテイメントからニンテンドーDS向けの
『赤川次郎ミステリー「夜想曲」本に招かれた殺人』が2月28日に発売されますが、
本作はミステリーの巨匠・赤川次郎氏が原作・監修する本格派ミステリーとなっています。

このたび本作の公式サイトにて、赤川次郎氏が本作について語るインタビューの連載が
スタートしました。このエグゼクティブプロデューサーの金沢十三男(とみお)氏のとの
スペシャルロング対談の第1回目では、赤川次郎氏がゲームを遊んだ感想や
ゲーム開発の裏側が語られています。

以下抜粋となります。是非公式サイトにアクセスしてみてください。

―――DSで初めて『夜想曲』をプレイされてみての感想をお願いいたします

赤川:次々にページがめくれていく感じが快感ですね。あのようなスピード感というのは
速すぎてもいけないし遅すぎてもいけないしという微妙なタイミングがあると思います。

―――赤川先生にはベストセラーがたくさんある中で、
なぜこの『殺人を呼んだ本』を選ばれたのでしょうか

金沢:男女ふたりの大学生が主人公なのですが、彼らのキャラクターがすごく強くて、
彼らが自由に物語をかき回しているというか。それも非常に面白かったので、
読者がそのキャラクター自身になれたら面白いだろうと思ったのがきっかけですね。

―――先生には実際に今主人公としてプレイしてもらいましたけれども、
小説と違う印象はありましたか?

赤川:やはり次どうなるのだろうという、自分の原作に言うのも変ですけれども(笑)。
そういう楽しみがありますね。

―――ゲーム化された当時の思い出深いエピソードがもしあればお聞かせください。

金沢:僕はですね、赤川さんの大ファンだったので、初めて何かの取材で赤川さんと
一緒に写真を撮る機会があって、個人的にそれが一番うれしかったです。

赤川:最初のゲームのお話があった際に、一度お断りをしたのですが、
すごく長い手紙をいただいて、好きだからやりたいんだというのが、
強く伝わってきて、それがとても印象的でした。

iNSIDE
http://www.inside-games.jp/news/268/26817.html
PR
Trackback
Trackback URL:
[380] [379] [378] [377] [376] [375] [374] [373] [372] [371] [370]
+++admin
 フリーエリア
 カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
 カテゴリー
 最新コメント
[09/22 chizelacl]
[10/31 bodronboce]
 最新記事
(02/14)
(02/14)
(02/14)
(02/02)
(02/02)
(02/02)
(02/02)
(11/20)
(11/20)
(11/20)
(11/09)
(11/09)
(09/05)
(09/05)
(09/05)
(08/23)
(08/23)
(08/22)
(08/22)
(08/22)
(06/15)
(06/15)
(12/22)
(12/22)
(12/18)
 カウンター
 フリーエリア
カウンター 作成ステキツール新着情報ハードディスク メーカー別スキャナー 比較
忍者ブログ | [PR]
Powered by 忍者ブログ Design by まめの
Copyright c [ ゲームニュース ] All Rights Reserved.  http://gamenews.blog.shinobi.jp/