忍者ブログ
ゲーム情報
2017/12/17 (Sun)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008/01/28 (Mon)
ちまたには様々なゲーム雑誌がありますが、その内容は新作ゲームの紹介中心というものがほとんど。
雑誌には常に新ネタが必要ですし、
ゲームメーカーの広告も重要な収入源なので広告とのタイアップで新作ソフトが掲載されるのは当然。
読者層も10~20代がメインというのが相場でしょう。この流れは今後も王道であり続けると思われます。
ところが、そんな世の流れを無視して明らかに30代以上のファミコン世代を狙った雑誌があります。
その雑誌の名は「ゲームサイド」(マイクロマガジン社)。今回は、R30なこのゲーム雑誌を紹介してみたいと思います。

■現代のチビッコはアウトオブ眼中(死語)
現在発売中の最新号の表紙は高橋名人です。もうこの時点でどうかしてます(褒め言葉的の意味で)。
キャラのチョイスもスゴイですが、最近のスキンヘッドな名人ではなく『スターソルジャー』のイベントで
ブイブイいわしてたころの名人のイメージを持ってきたところに独特のセンスを感じます。
しかも第一特集が「ハドソンのファミコンソフト」を解説するという内容(年代は1984年~1994年)。
現代のチビッコはアウトオブ眼中(死語)であります。

特集では『ロードランナー』のエディットモードが最高とか、『バンゲリングベイ』はクソゲーじゃないとか、
『ヘクター'87』は連射装置必須とか、昭和な話題が“テラ盛り”。読んでいると軽くタイムスリップするような感覚に襲われてきます。
特集以外にもレトロな記事は満載。「わが青春のサンソフト」ではファミコンのディスクシステムソフト『デッド・ゾーン』に
ついて語られ、センターカラーの「名作プレイバック」ではPCエンジンのギャルゲーアクション『フォーセット アムール』を徹底解説。
「セガ道」ではマークⅢの『スーパーワンダーボーイ』が取り上げられるという徹底ぶり。

http://news.livedoor.com/article/detail/3478582/
PR
Trackback
Trackback URL:
[344] [343] [342] [341] [340] [339] [338] [337] [336] [335] [334]
+++admin
 フリーエリア
 カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
 カテゴリー
 最新コメント
[09/22 chizelacl]
[10/31 bodronboce]
 最新記事
(02/14)
(02/14)
(02/14)
(02/02)
(02/02)
(02/02)
(02/02)
(11/20)
(11/20)
(11/20)
(11/09)
(11/09)
(09/05)
(09/05)
(09/05)
(08/23)
(08/23)
(08/22)
(08/22)
(08/22)
(06/15)
(06/15)
(12/22)
(12/22)
(12/18)
 カウンター
 フリーエリア
カウンター 作成ステキツール新着情報ハードディスク メーカー別スキャナー 比較
忍者ブログ | [PR]
Powered by 忍者ブログ Design by まめの
Copyright c [ ゲームニュース ] All Rights Reserved.  http://gamenews.blog.shinobi.jp/