忍者ブログ
ゲーム情報
2019/08/23 (Fri)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007/11/07 (Wed)
日本オンラインゲーム協会(JOGA)は2007年11月5日(月)、9月末から10月中旬にかけ実施した
「オンラインゲーム運営に関するアンケート調査」の結果を公開。これによると、90%以上の
オンラインゲーム会社が、不正な課金・不正なゲームプレイの被害に遭っていることなどが
明らかとなった。

このアンケートは、同協会会員を対象に、オンラインゲームサービス運営上障害となっている
案件を解決するため、ゲームサービスの実体を把握する目的で行ったもの。アンケートに
回答したのは16社で、調査内容は大きく分けて以下のの5項目となっている。

1:課金について
2:不正なゲームプレイについて
3:アカウントのハッキングについて
4:サーバーへの不正アクセスについて
5:RMTについて

これによると、「チート、BOTによる不正プレイの被害はありますか?」との質問には、16社中
15社(94%)が「ある」と回答。具体的な被害の例としては、課金面では「クレジットカードにおける
名義人以外による使用」が75%でもっとも多く、ゲームプレイについてはBOT、マクロ、オート
マウスなどの自動操作プログラムによる被害が94%と目立っていた。

そのほか、スピードハック(移動や攻撃速度の操作)やパケットハック(パケット置き換えによる
高レベルの操作)、ファイル改ざん(クライアントやデータファイルの操作)、メモリエディット
(メモリ内のゲームデータデバッグなど)などの回答も 50~75%と多く、不正内容が近年
多様化してきていることをあらためて証明する結果となった。

同協会では今後各社の被害事例や情報を会員間で共有し、各社が抱える課題や問題の解決を
目指して活動していくとのこと。今回の調査結果が、よりよいオンラインゲームサービスに
つながるよう期待したいところだ。

Gpara.com
http://www.gpara.com/article/cms_show.php?c_id=5356&c_num=14
日本オンラインゲーム協会
http://www.japanonlinegame.org/
PR
Trackback
Trackback URL:
[257] [256] [255] [254] [253] [252] [251] [250] [249] [248] [247]
+++admin
 フリーエリア
 カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 カテゴリー
 最新コメント
[09/22 chizelacl]
[10/31 bodronboce]
 最新記事
(02/14)
(02/14)
(02/14)
(02/02)
(02/02)
(02/02)
(02/02)
(11/20)
(11/20)
(11/20)
(11/09)
(11/09)
(09/05)
(09/05)
(09/05)
(08/23)
(08/23)
(08/22)
(08/22)
(08/22)
(06/15)
(06/15)
(12/22)
(12/22)
(12/18)
 カウンター
 フリーエリア
カウンター 作成ステキツール新着情報ハードディスク メーカー別スキャナー 比較
忍者ブログ | [PR]
Powered by 忍者ブログ Design by まめの
Copyright c [ ゲームニュース ] All Rights Reserved.  http://gamenews.blog.shinobi.jp/